英語を学びにフィリピンへ留学するメリット

英語での会話、読み書きができて当然の世の中になってしまったため、英語学習に励んでいる人は少なくないでしょう。そこで、もしも英語(語学)留学を検討しているのであればフィリピン留学はどうでしょうか?

フィリピン留学で英語?と思われるでしょうが、最近では直接、アメリカへ行かない英語留学が注目を集めているのです。フィリピン留学が人気の理由は以下の通りです。

・治安が良い
・アメリカへ行くよりも費用が安い
・利用者数が多くないためマンツーマン授業が可能
・日本人ばかりの環境を回避できる

大学時代に私の友人もカナダに語学留学へ行きましたが、やはり英語留学のメジャースポットということで日本人だらけだったそうです。1部屋に4人で生活していたそうですが、友人を含む3人が日本人ということで、最初の内は日本語で会話をしてみたいです。1ヶ月を過ぎた頃には「これじゃダメだ」と、英語のみで会話することを日本人同士で決めたそうですが、なんとも面倒くさいルールですよね。

こういったメジャースポットだからこそ起きる問題もありますので、もしも本気で英語を習得しようと思っているのであれば、フィリピン留学も候補の1つに加えてみてはどうでしょうか?

■セブ留学・フィリピン留学のLifetime(ライフタイム) – 格安英語留学を安心トータルサポート!
こちらの留学サポート会社では1週間ほどの短期間から、親子での留学まで色々なプランが用意されています。航空券込みで約1ヶ月19万円程度と安いですので、興味があれば参考にしてみてください。無料説明会も実施しているそうですよ。

>>セブ留学・フィリピン留学のLifetime(ライフタイム)

Posted in 留学関係 | Leave a comment

ファーストステージはブライダルプランナーになる近道!

http://www.bhs-wedding-planner.com/
結婚するカップルにとって挙式や披露宴はとても大切なものです。
お二人にとって最高の1日となるようお手伝いするのがブライダルプランナーです。
ブライダルプランナーは、結婚式で実現したいことやより幸せな気分を味わうため、さまざまな提案をするお仕事をしています。
ブライダルプランナーのプロデュースがあってこそ、感動のウェディングが実現するのです。

現在、こんな素敵なお仕事につきたいという方が増えています。
ブライダルプランナーを目指すなら、ウェディングプランナー養成スクール「First Stage(ファーストステージ)」に通うのがおすすめです。

ファーストステージはブライダル業界のプロから学べるのが特徴です。
少人数制ですので、生徒さん一人一人と向き合ってくれます。
ファーストステージを運営するのはブライダル専門の人材派遣会社ですから、ブライダル業界が求める人材を知り尽くしているのです。

お仕事で必要なブライダルプランニングやドレススタイリングの知識だけでなく、ブライダルの歴史やパーソナルカラー、ヘアメイクやお花、同じ職場の他の業種など、必要な知識を豊富に学ぶことができます。
ウェディング業界で働いたことがない方も無理なく学べる基礎コースから用意されています。
現在就業中の方は、土曜日のスクーリングがおすすめです。

ブライダルプランナーを目指すなら、ファーストステージの充実した養成コースへ!

Posted in 資格・学び | Leave a comment

会社の動力となる人材育成

世界的にも社会の経済情勢が不安定の中、日本の企業は存続を掛けて戦い続けています。コスト削減や売り上げを伸ばすために。悪戦苦闘している今日ですが、やはり一番は人材育成ですよね。会社のコストの約40~60%は人件費となっています。ですから、ひとりひとりの能力を伸ばすだけでも、会社にとってかなりの原動力になりますよね。

しかし、人材育成にかかるコストは膨大で、せっかく仕事に慣れてきたかと思うと辞めてしまうという状況に、頭を悩ませている企業は多いかと思います。また、リーダー育成も重要ですよね。いろんな観点から、人材育成をサポートしてくれる「タレントマネジメントシステム | 人と組織の才能を引き出すサイダス【CYDAS】」というサイトをご存知でしょうか?

詳しくはサイトをご覧ください。http://www.cydas.co.jp/products/

人事をサポートしてくれるタレントマネジメントは、今まで欲しかったコンテンツがいっぱいです!会社の人材を、データ化することで、集団に必要な人材を割り出してくれます。適材適所という言葉あるように、その人にあった仕事をすることで、さらに能力をあげることができますね。サイトでは、デモ体験もできます。興味のある人は、まずはデモで体験をしてみてくださいね。

Posted in ビジネス | Leave a comment