feed Subscribe to feed
pic
21. 09
2013

タレントマネジメントの必要性とは?

Written by: admin - Posted in: ビジネス -

タレントマネジメントと言う言葉は、あまり聞きなれないかと思います。

中には、「芸能マネージャーのこと?」と、思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

タレントとは、英語でTalentであり、(生まれつきの)才、(特殊な)才能、才能ある人、人材と言う意味です。

タレントマネジメントとは、某協会の調査報告書では、「人材の採用、選抜、適材適所、リーダーの育成・開発、評価、報酬、後継者養成等の人材マネジメントのプロセス改善を通して、職場の生産性を改善し、必要なスキルを持つ人材の意欲を増進させ、現在と将来のビジネスニーズの違いを見極め、優秀人材の維持、能力開発を統合的、戦略的に進める取り組みやシステムデザインを導入すること」と定義されています。

難しい単語が羅列された定義ですが、簡単に表現すれば、企業などの組織における人的資源管理の観点から考え出された概念です。

では、このタレントマネジメントが必要とされる背景とは何なのでしょうか?

第1に、多くの先進国における労働人口の減少が挙げられます。それを補うために、個人が持つ能力を開花させ、育成させ、そして進化(向上)させることが焦眉の急となっています。

第2に、企業など、組織の長期的な成長を促すため、人材(人財)を効果的に育成する必要があるためです。

第3に、世界経済における、変化のスピードに対応できる人財の育成が必要となっているためです。同時に、個人それぞれの価値観も多様化していますので、それに対応できる管理能力を持つ人材が必要となっているためです。

将来においても労働人口の減少と、人的資源(人財)の流動化は確実視されていますので、今後ますますタレントマネジメントの重要性と必要性は高まるものと思われます。

20. 09
2013

タレントマネジメントの必要性について

Written by: admin - Posted in: コンサルティング -

会社や企業にとって優秀な人材は財産です。成果を達成するために適切な人材をグッドタイミングで登用・配置することが企業戦略の基本ではないでしょうか。業績向上のためにスキルや知識、経験、コミュニケーション能力のある人材の育成して適材適所に配置転換することが望まれます。

企業にとって市場の拡大や技術開発が重要視されていますが、将来的なビジネスの動向を認識して行動できる人材がタレント(能力やスキル)を十分発揮できる環境を整える必要があります。

企業や会社が掲げる事業目標を実現するための人材採用、育成、配置、評価などを行う仕組みを完成させて最大限に活用するタレントマネジメントが注目されています。現在のビジネス環境は、グローバル化が進んでいるので、自社内だけで人材を育成するだけでは、あらゆる変化に迅速な対応ができなくなっています。

海外へのシフトを計画していたり、既に新興国などに進出している企業や会社は、現地で即戦力のある人材の採用と配置が課題になっています。経営環境や市場の急激な変化に対応できる能力やスキルのある人材を採用して計画的に配置する必要があります。

タレントマネジメントを導入すれば、社員ひとりひとりの能力やスキルを把握して最も適した配置が可能になります。積極的に中途採用をして優秀な人材を確保したい時もタレントマネジメントが効果的です。

Search this blog

Tag cloud